重めのタッチ

クレヨンやクレパス、色鉛筆、アクリル絵の具を使用して、色鮮やかに描きます。
子ども向けのはっきりした可愛いイラストやリアルな動物が得意です。


↑クレヨンとアクリル絵の具を使った絵本「宇宙きりん」

重めのタッチを使ったお仕事

絵本の挿絵から、ちょっとしたカットイラストまでお描きします。

制作過程

クレヨンや色鉛筆を使った重めのタッチでは、一枚絵で仕上げる方法とパーツごとに描き分けて合成する方法を使い分けています。

一枚絵で仕上げる方法
女の子とキリン

全て一枚に描きあげます。
絵本や本の表紙などアート性重視の場合はこちらで描きます。
完全アナログの手描きですので、大きい修正は難しくなります。

パーツごとに分けて仕上げる方法
クレヨン画「家と月」

後々修正が入りそうなイラストはパーツごとに描き分ける方法です。
(キャラクター・小物・背景など)
そのため最後まで、色調の変更や位置の変更、パーツの差し替えが可能です。

例)絵本の表紙を想定したイラスト

象(キャラクター)

虹(小物)

背景

架空の絵本表紙

合成して完成

原画販売中

minneにてクレヨン画の原画販売も行っています。

クレヨン・絵具・色鉛筆を使用した作品